FC2ブログ

「手術」が大幅に増加 2017年「社会医療診療行為別統計」   

「手術」が大幅に増加 2017年「社会医療診療行為別統計」         
重症患者の受け入れが進む 「麻酔」「リハビリ」も大きく

―厚生労働省社会統計室


厚生労働省社会統計室は、6月21日に「平成29年(2017)社会医療診療行為別統計の結果」を発表。「手術」が大幅に増加したほか、「麻酔」や「リハビリ」も大きく伸びていることがわかった。2016年度の診療報酬改定を受け、各医療機関で重症患者を積極的に受け入れている現状が浮き彫りとなっている。

「社会医療診療行為別統計」とは、診療行為の内容や傷病の状況、調剤行為の内容、薬剤の使用状況などを明らかにしたもの。医療保険行政に必要な基礎資料として毎年作成されている。集計の対象となっているのは、社会保険診療報酬支払基金支部および国民健康保険団体連合会に2017年6月審査分として審査決定されたレセプトのうち、レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)に蓄積された全数で、医科85,576,460件、歯科17,698,594件、保険薬局53,666,174件にのぼる。

統計によれば、医科入院、医科入院外、歯科、薬局調剤ともに2016年に比べて増えている。その中でもっとも増えているのは、やはり医科入院。1件あたり点数は51,989.7点で、2016年に比べて2.0%増。1日あたり点数は3,398.6点で同3.7%増となっている。ちなみに医科入院外の1件あたり点数は1,341.6点で同1.7%増、1日あたり点数は853.7点で同1.1%増。歯科の1日あたり点数は1,244.8点で同0.6%増、1日あたり点数は684.8点で同0.7%増。薬局調剤の1件あたり点数は1,109.4点で同2.1%増、受付1回あたり点数は887.9点で同1.3%増。

医科入院を診療行為別に見ると、もっとも高いのは「入院料等」。1件あたり点数は18,925.3点、1日あたり点数は1,237.2点。しかし、2016年からの増減率は1.2%増であり、全体の点数を押し上げているとまではいえない。増減率がもっとも高いのは「手術」で7.5%増。次いで7.3%増の「麻酔」、4.3%増の「リハビリテーション」、4.2%増の「医学管理等」、3.8%増の「病理診断」と続く。2016年の「社会医療診療行為別統計」でもっとも増減率が高かったのは17.1%増の「初・再診」、次いで8.4%増の「医学管理等」だったため、ガラリと傾向が変わったことがわかる。
 
「手術」「麻酔」が増えたのは、2016年度診療報酬改定で「重症度、医療・看護必要度」の見直しが行われたことが背景にあると考えて間違いない。手術を評価し、検査のみでは評価の対象とならないC項目が導入されたことで、積極的に重症患者を受け入れるようになったのだろう。手術の機会が増えることで「麻酔」も増えるのは必然であり、事実上この2項目が医科入院の点数を大きく押し上げたと考えられる。

2018年度の診療報酬改定では、C項目の開腹手術の対象日数が5日から4日に短縮された。また、重症患者割合も30%以上に引き上げられるなど、引き締め策が実施されている。その効果がどのように表れるかが、次回の調査結果の注目ポイントになってくるだろう。



メルマガをご希望の方は、事務所ホームページよりお申し込みください。

 今すぐクリック


千葉県船橋市宮本8-30-12
税理士法人宇田川会計事務所
TEL:047-426-5525
mail:udagawa-kiyoshi@tkcnf.or.jp






















































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
事務所プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR