FC2ブログ

DPC対象病院、昨年度から66増えて1,730病院に

DPC対象病院、昨年度から66増えて1,730病院に
300床以上は減少傾向 機能評価係数IIの内訳も公表

―厚生労働省 中央社会保険医療協議会総会


厚生労働省は、6月20日に開かれた中央社会保険医療協議会総会で、今年4月1日時点のDPC対象病院数を公表。昨年度から66病院増えて1,730病院となった。増えたのは主に200床未満の病院で、逆に300床以上の病院は減少傾向にあることも明らかになっている。DPC準備病院の数は262で、前年度に比べて14減少した。

一方、病床数で見ると、DPC算定病床総数は約49万床と前年度から約5,000床減少。DPC準備病院は約2.4万床でこちらも前年度に比べて約4,000床減少している。内訳を見ていくと、今年3月時点で7対1入院基本料を届出ている病床数は約40万床、10対1入院基本料の届出病床数は約4.6万床、特定集中治療室管理料の届出病床数は約6,000床。1病院あたりの平均は282床で、最小は8床、最大は1,314床となっている。

診断群分類を見ると、今年度の診療報酬改定を踏まえて傷病名数は505となり、支払いに用いられる診断群分類数は3,108(前回に比べ37増加)となった。そのうち、包括対象となる分類数は2,462で、前回に比べて52増えている。

今年度は、診療報酬改定とともにDPC制度改革も行われており、機能評価係数IIの項目も見直された。これは、2012年度改定から実施されてきた調整係数の置き換えが完了したことに伴うもので、現行の8つの係数のうち、後から追加された後発医薬品係数や重症度係数は廃止され、機能評価係数Iとして評価されることとなっている。機能評価係数IIについては、総会で内訳が公表されたため、医療機関同士の比較も可能となった。取りも直さず、医療機関自身の客観的な評価や今後の戦略も立てやすくなったといえる。

また、この日の総会では今年度診療報酬改定について、その内容を整理する時間も設けられた。次期改定に向け、社会情勢や医療現場の状況を共有することが狙いで、中医協として初めての試みとなる。改定で見直された部分の再検証や、今後の課題をスムーズにあぶり出すうえで有効な取り組みであり、中医協のみならず医療現場でも議論の内容が把握しやすくなることが期待できよう。



メルマガをご希望の方は、事務所ホームページよりお申し込みください。

 今すぐクリック


千葉県船橋市宮本8-30-12
税理士法人宇田川会計事務所
TEL:047-426-5525
mail:udagawa-kiyoshi@tkcnf.or.jp






















































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
事務所プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR